予約システム 操作権限範囲

お店で 予約システム を利用する際に、以下のような悩みをお持ちではないですか?

 

  • 複数人で使う場合、同じログイン情報を共有したくない
  • スタッフ用に操作範囲を制限したアカウントを発行したい

予約システムEDISONEなら、フリープランで上記を実現する事ができます。
この記事では権限別でログインアカウントを発行する方法と活用例をご紹介いたします。

予約システムEDISONE/エジソン使用イメージ
なお、まだEDISONEを導入していない場合は、かんたんな会員登録ですぐに無料から使い始められますので、是非登録してみてください。
(※不要になった場合、退会も管理画面操作によりいつでも可能です。)
 
無料で使ってみる ≫  

予約システム EDISONEでスタッフアカウントを作成する方法

EDISONEではスタッフ・シフト管理機能により、スタッフごとにログイン情報(任意のメールアドレスとパスワード)を付与することが出来ます。
なお、EDISONEで作成できるアカウント種別は、マスター管理アカウント副管理者アカウント担当者アカウントがあります。
それぞれの操作権限範囲等の詳細は後ほどご説明いたします。

権限別アカウントを作成する操作手順

まずは【スタッフ・シフト>スタッフ一覧>右下の青い「+」ボタン】でスタッフ登録画面に移動します。
スタッフ登録画面 | 予約システム EDISONE
次にスタッフ登録画面で任意のメールアドレスとパスワードを入力します。
また、権限を副管理者、担当者のいずれかを選択します。
スタッフ登録画面2 | 予約システム EDISONE

権限別の操作範囲まとめ

先程ご紹介した通り、予約システムEDISONEで付与できる操作権限別アカウントは全部で3通りあります。それぞれの特徴操作範囲を以下にまとめます。

マスター権限アカウント

EDISONEの会員登録時に発行するログインアカウントです。
EDISONEの管理画面上のすべての操作が可能です。

副管理アカウント

複数店舗運用で複数の予約画面を発行している場合は他店舗へのログインが出来ないアカウントです。
その他、支払情報や口座情報等を含むアカウント情報の変更操作も制限されていますが、それ以外のすべての操作は可能です。
また、スタッフシフトを使用する場合、副管理アカウントはシフトへの参加機能は持たない仕様です。

担当者アカウント

担当者アカウントは詳細設定の閲覧・変更共に制限されており、運営上に必要な操作のみ可能となっています。
具体的には以下の通りです。

担当者アカウントの操作可能範囲
  • 予約情報の閲覧・更新
  • メニューの閲覧(更新不可)
  • スタッフシフトの閲覧(更新不可)
  • 顧客台帳の閲覧(更新不可)
  • EDISONEからのお知らせ及びお客様からのお問い合わせの閲覧(更新不可)

 

権限別アカウント発行機能の活用例

上記では具体的な権限種別ごとのアカウントの作成方法や、操作権限範囲の詳細をご紹介いたしましたが、ここからは予約システムEDISONEの権限別スタッフアカウント発行機能を利用した場合、どのような運営方法ができるのか、活用例をご紹介いたします。

サロンオーナーがスタッフ用のアカウントを発行

サロンスタッフ
「支払い情報等のアカウント情報、予約の設定やメニューの内容をスタッフに変更されないようにしたい」という場合に担当者アカウントを発行し、スタッフに付与すると便利です。

フランチャイズ展開にも活用可能

フランチャイズ展開のイメージ
チェーン店で複数の店舗を営業している場合、オーナー様は各店舗の店長に副管理アカウントを付与することで、店長は担当店舗の管理画面のみ閲覧・編集が可能となります。

まとめ

この記事では、予約システムEDISONEで発行できる操作権限別のアカウント発行方法とアカウントごとの操作権限範囲、本機能の活用法についてご紹介しました。いかがだったでしょうか?これから予約システムの導入をご検討の際や、より自店舗に合ったシステムに乗り換えを検討している方の参考になれば幸いでございます。

ご不明点はお問い合わせください

サポート窓口のイメージ

エジソンでは、

  • 設定方法が分からず困っている
  • 導入を検討しているが、自店舗の予約受付がエジソンで対応可能か知りたい

といったお悩みをサポート窓口にて随時承っております。

お困りごとや、ご不明点はいつでもお問い合わせください。

※平日10時~19時で3営業日以内にご連絡をいたします。

※お電話での窓口は設けておりませんので、予めご了承くださいませ。

今すぐ問い合わせをする ≫