2020年8月現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響とそれに伴う政府の営業自粛要請などによって飲食店は今まで通りの営業が難しくなりつつあり、多くの店舗はテイクアウトデリバリーといった新たな営業方法を導入し始めているようです。

とはいえ、テイクアウトやデリバリーで営業したとしても、特にテイクアウトは決済時に接触があったり混雑が起きてしまいがちになったりと、安全性が完全に確立された状態ではないのが課題となっています。そのような状況を回避するため、最近では非接触型決済を導入して接触回避や混雑解消を試みている店舗が増加してきていることをご存知でしょうか?

今回は、テイクアウトやデリバリー営業でご活用いただける、予約システムを使用して非接触型決済を店舗に簡単に導入する方法をご紹介いたします。

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 飲食店経営者で、これからテイクアウト営業を始めることを検討している
  • 手軽に非接触型決済を導入する方法を知りたい
  • Web予約システムを導入し、電話受付等のオペレーション負担を軽減したい。
  • 無断キャンセルの発生率を下げたい

 

非接触型決済とは?

非接触型決済とは、QRコード等をスマートフォンでかざして決済が行える電子マネーやオンライン決済など、人や端末、現金などとの接触を伴わずに決済が行える決済方法です。接触が発生しないため、感染拡大リスクが抑えられることが出来ると言われており、現在注目を集めています。また、非接触型決済は「コンタクトレス決済」「タッチ決済」とも呼ばれています。

従来の決済
  • 現金やカードで決済する
  • 決済時に人や端末との接触が生じる

 

非接触型決済
  • QRコードや「ID」などの電子マネー決済
  • 現地で決済を行わずオンラインで事前決済する
  • 決済時に人や端末で接触を伴わずに決済出来る

 

テイクアウトやデリバリーで手軽に非接触決済を導入する方法

テイクアウトやデリバリーで非接触型決済を実施するには、大きく分けて2つの方法があります。

 

非接触決済を導入する方法1

電子マネー決済を導入する

電子マネーの導入は、導入店舗が続々と増えており最近ではメジャーな存在になりました。消費者側も財布を出さずにスマホのみで決済ができる手軽さから人気が増え、利用者が増加しています。ただし、デメリットとしては、電子マネー決済を提供する会社との契約の手続きが必要であったり、端末等の導入に必要な導入初期費用が発生したりするため、導入のハードルが少し高いことが挙げられます。

 

非接触決済を導入する方法2

Web予約システムでオンライン決済を導入する

Web予約システムによるオンライン決済では、Web上で予め予約を受け、オンラインショップのような形で事前決済(前払い)し、来店時に決済の紹介をすることで決済完了を確認する事ができます。仕込みなどの都合で開店前や一定時間前にあらかじめ来店数や注文数を把握しておきたい場合は便利な決済方法です。また事前決済のため、無断キャンセルが発生しにくい点や来店時のやり取りがより少なくなるため混雑防止にもなることが大きなメリットです。

 

予約システムとは?

予約システムは、オンライン上で簡単に予約を受け付けたり顧客台帳管理を行ったりできるWebアプリケーションです。最近ではオンラインでの予約受付け以外にもシフト管理や多言語機能にも対応したりなど、非常に多機能な予約システムが数多くリリースされてきています。

 

非接触型決済導入が可能な予約システムの要件

予約システムによって非接触型決済を導入するためには、決済機能が必須となります。
決済機能がない場合は予約受付のみとなってしまいますので、それでも非接触型決済を実施するには電子マネーの導入が必要になります。

 

非接触型決済におすすめの予約システム

決済機能に対応しており、簡単かつ安価で設定できる予約システムとして、「EDISONE予約/エジソン予約」がおすすめです。

 

予約システム「EDISONE」のテイクアウトタイプ

EDISONE予約には飲食店のテイクアウト利用に特化したテイクアウトタイプがあります。
EDISONE予約を導入することにより、Web上で予約受付出来るようになるため、電話対応による予約受付のオペレーションの負担軽減にも繋がります。また、EDISONEの特徴として、予約ページだけではなく、管理画面から店舗情報と画像を登録するだけでホームページとして使用できる店舗ページを作成する機能にも対応しています。(※ベーシックプラン~)

 

予約システム「EDISONE」のテイクアウトタイプの特徴
  • オンライン決済機能
  • チェックイン機能(QRコードにより来店管理が行えます)
  • スタッフシフト管理機能
  • 多言語表示対応

 

EDISONEの使用料はいくらかかる?

EDISONEは無料で登録すること出来ます。ただし、オンライン決済機能を利用するには月額4980円のベーシック・プランに加入する必要があります。まずは無料で登録してみて、上手く使えそうでしたら有料プランに加入してみるのもおすすめです。
今すぐ無料登録してみる

 

EDISONEの設定は難しい?

予約システム「EDISONE」はプログラミングなど開発の専門知識がなくても誰でもご使用いただける簡単なシステムです。設定で不明な点が出てきた場合、サポートチームが操作方法など丁寧にご説明しますので安心してご使用いただけます。
サポート窓口はこちら

 

この記事のまとめ
  • 非接触型決済を導入すれば、接触だけでなく店舗の混雑も避けることができる
  • オンライン決済は電子マネーより手軽に非接触型決済導入ができる
  • 飲食店で手軽で簡単に非接触決済を導入するならWeb予約システム「EDISONE」がおすすめ

 


 

▼予約システムEDISONEの新規アカウント登録はこちら(無料)▼
バナー3

 

▼すでにアカウントをお持ちの方はこちら▼
ログイン

 

▼応援お願いします!▼
2017-06-01_12h59_07EDISONE Facebook   2017-05-08_17h31_30EDISONE Twitter


2件のコメント

予約システムは無料でどこまで使える?【結論:無料で画面作成・予約受付可】 | EDISONE予約 · 2020年8月19日 1:15 PM

[…] 予約システムを利用した非接触型決済導入についての詳細はこちらの記事からご覧いただけます。 […]

現在コメントは受け付けていません。