こんにちは!
エジソン予約 中の人です|д゚)ノ

 

 

ジリジリ、ムシムシ、
(*´Д`){なんでこんなに毎日暑いのか、、、(夏だから)

それでも外国人観光客の方々は
「日本は全然涼しいよ!」なんてことを言ったりします。

本当なのか、、
海外はそんなに暑いのか、、
耐えられない、、(´・ω・`;)

こんなに毎日暑くても外国人観光客は絶えることなく
日本へやって来て、むしろ日本人よりとてもアクティブです。

2020年に行われる東京オリンピックでも、まだまだ
訪日外国人が増加することが予想されます。
そんな中インバウンドの動向に注目しているお店や企業、団体が
増えて来ているようです。

今回はそんなインバウンドがテーマです。

 

今知るべきインバウンド戦略の内容と意味

 

 

日本を訪れる外国人旅行者は年々増え続け、
2016年には2400万人を超えたというデータもあります。
この数字は過去最高の入国者数になるそうです、驚きですよね?

近年、訪日外国人旅行者が増えるとともに、
メディアや市場などでインバウンドという言葉を耳にすることが増えました。
よく聞くようにはなりましたが、この言葉の意味、
みなさんはご存知ですか?

インバウンドという言葉は英単語です。
つづりは「INBOUND」。
観光業界ではインバウンドというと、
外国人観光客のことを指します。

 

インバウンド市場は今がアツい

 

外国人観光客を対象としたインバウンド市場は今熱いです!
もともとのきっかけといえば、2013年に政府が発表した
ビジット・ジャパン・キャンペーン。

これは日本への旅行を促す外国での広報活動と同時に、
国内のインフラを整備することで旅行しやすい
環境づくりを進めたインバウンド戦略です。

一部地域からの旅行者に対して、
観光ビザの発給にかかる手数料を免除したり、
ビザ自体がなくても旅行できるようにしたりなど、
ビザ発給に関する緩和もインバウンド戦略の一つです。

国内においては、観光客向けに観光地の看板などの表示を
外国語に変えたり、説明文を英語で表記するなど、
外国人旅行者にも理解しやすい環境づくりを行っています。

紹介した活動はほんの一部ですが、
現在のインバウンドが盛り上がる
きっかけになったのは間違いありません。

インバウンドが注目されていても
自分は関係ないと思う企業家の方も多いかもしれません。

でもそれはただ見えていないだけで、
チャンスを逃している可能性もあります( ゚Д゚)!
ぜひインバウンドに、その意味や内容に興味を持って、
情報を集めてみてください♪

インバウンドによる消費が拡大している今なら、
その需要に答えることで収益アップにつながる道が広がっていくこと
間違いなしです!!

EDISONEとインバウンド

 

エジソン予約ではインバウンドに注目が高まっている中、
飲食店やサロン、エアビにも対応するべく
多言語での予約が可能となっております。

既存のホームページがある店舗の方でも
その内容のすべてを翻訳するのは大変ですよね、、、

エジソン予約ではそれぞれの国旗のマークを
クリックするだけでカンタンにその国の言葉に
変換される機能が備わっております☆

しかも無料から始められるというのも嬉しいですよね。
一度お試しください♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いかがでしたか?

これからもまだまだ増えるとされる
訪日外国人観光客。
あなたもインバウンドマーケティングに
力を注いでみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこの辺で( `ー´)ノ☆

 

多言語対応が可能なオンライン予約システムEDISONEの登録はこちらから↓バナー3

2017-06-01_12h59_07Facebookページ応援お願いします☆

2017-05-08_17h31_30Twitterのフォローもお願いします!